YouTubeダウンロードソフト・ランキング@2016年版

Orbit Downloaderの使い方や危険性について

公式サイトはこちら  Orbit Downloader

 

 

無料なのに高速ダウンロードができると評判のOrbit Downloader。しかしネット上では危険ソフトとして扱われています。なぜ危険ソフトなのか、また使い方について調べてみました。

 

 

 

Orbit Downloaderはどんなソフト?

 

Orbit Downloaderの開発は中国の企業Innoshockが行っています。比較的古くからあるダウンロードソフトで国内でも利用者の多いソフトでした。

 

 

高速ダウンロードができる

 

このソフトの特徴は、なんといっても高速ダウンロードができること。しかも複数の動画をまとめて高速でダウンロードできます。これはマルチスレッドに対応しているアプリケーションであるためです。

 

マルチスレッドとは、一つのプロセスという処理の中で複数のスレッドが同時にメモリを共有して処理する機能のことです。複数のアプリケーションを同時に処理する機能とは異なり、一つの作業を複数のスレッドで処理を行う機能なのです。

 

Orbit Downloaderはこの機能があるアプリケーションだからこそ、特殊な高速ダウンロードが行えるのです。これは無料で使えるダウンロードソフトでは他に真似ができるものはないでしょう。高速と書かれていても実際はダウンロードは遅いソフトばかりです。マルチスレッドに対応してはじめてダウンロードは高速にできるのです。

 

 

日本語サポート有り

 

Orbit Downloaderは日本語表記をサポートしています。海外アプリケーションは英語のみ、というものが多い中、日本語をサポートしてくれているのはありがたいと思います。

 

 

ブラウザ連動ダウンロード

 

Orbit Downloaderはブラウザと連動して動画のダウンロードを行います。対応しているブラウザは、Firefox、Internet Explorer、Mozillaです。残念ながらChromeには対応していません。

 

ブラウザと連動することで、ネットを見ると直接その画面からダウンロードができるようになります。これによりダウンロード手順が簡素化され、初心者でもダウンロードしやすくなっています。

 

 

 

Orbit Downloaderの使い方

 

Orbit DownloaderはInnoshockのサイトから本体プログラムをダウンロードします。インストールが終わればあとはブラウザからダウンロードができるようになっています。

 

Firefoxで動画サイトを開き、映像を再生させます。カーソルを動かすとGetitボタンが現れるので、これを押すとダウンロードが始まります。

 

設定画面では日本語化などができます。Viewから言語選択でJapaneseを選んでください。これだけで日本語に変わります。

 

日本語に変われば設定画面もわかりやすくなります。設定はツールの中の一番下部にあります。

 

一般タブでは起動やダウンロード中断時の再開が設定できます。ディレクトリタブではダウンロードした動画をどこに保存するか決めることができます。他にも高速化やプロキシ、スケジュール設定などが行なえます。

 

このようにある程度好みにカスタマイズができます。

 

 

 

Orbit Downloaderの危険性について

 

Orbit Downloaderは数年前にセキュリティ企業からトロイの木馬が含まれていると指摘されています。これにより国内の各ダウンロードソフトページは一斉にOrbit Downloaderを削除してダウンロードできないようにしました。実際にOrbit Downloaderをインストールすると、マカフィーやノートン、ウイルスバスターでは検出されなくても、マルウェア専門のソフトを入れてスキャンすると10程度のマルウェアが出てきます。こういったOSを攻撃するプログラムは一般的なウイスル検出のセキュリティソフトでは検知されにくいのです。トロイの木馬が入ってしまうと犯人が仮想のウイルス飛散パソコンとして活用できるようになるので、大変危険です。

 

現在新たにOrbit Downloaderをインストールすることは危険でしょう。ネット上にはマルウェアが検出されない古いバージョンのOrbit Downloaderのままで使っている人もいますが、古いバージョンは簡単には手に入らないのでこの方法も難しいです。

 

 

 

 

 

>>他のYouTubeダウンロードソフトを探す